基本知識

妊婦は貧血になりやすい?ママと赤ちゃんが健康であるために知っておきたいこと

「妊娠してからフラフラすることが多くなったような…。コレってもしかして、貧血?」

そんな経験をされた先輩ママも多いのではないでしょうか。

妊娠中は特に、普段よりも貧血の症状が起きやすくなります。

そこで貧血の症状が赤ちゃんに悪影響を与えてしまわないか、不安を抱えている妊婦さんもいるのではありませんか?

ここでは妊婦が貧血になりやすい理由や、妊娠中の貧血を少しでも軽減するための対処法をお伝えしていきますね。

あなたも妊娠中の貧血に気を付けて、自分と赤ちゃんが1つになって過ごす大切な時間を充実したものにしてしまいましょう。

妊婦が貧血になりやすいのはなぜ?

ではまず、妊婦が貧血になりやすい理由からご説明していきます。

妊娠中に貧血が起きてしまうのは次のような原因に隠されていました。

 赤ちゃんへ栄養を送り届けるために大量の血液を消費するから

妊娠中は母体の血液を通じて赤ちゃんへたくさんの栄養を送り届けなければいけません。

そのため大量の血液が必要となり、貧血を引き起こしやすくなってしまうのです。

そんな血液は一体どんなものから生成されているのか、みなさんは知っていますか?

血液へ重要な働きをし、貧血の原因となることもある2つの成分については下記で詳しくお伝えしていきますね。

 母体の葉酸不足と鉄分不足が主な貧血の原因

妊婦が貧血になりやすい理由は「母体の血液不足」とお話しましたが、さらに細かく分けると、

  • 葉酸
  • 鉄分

これら2つの成分が不足することによって貧血が起こります。

どちらも妊娠中は必要な量が多くなり、貧血を予防するためには毎日できるだけ多くの葉酸と鉄分を摂取していかなければいけません。

 妊婦の貧血は危険?ママと赤ちゃんに与える影響って?

複数の妊婦が悩んでいる貧血はママだけでなく、赤ちゃんにまで影響を与えてしまう場合があります。

そんな妊娠中の貧血がどのくらい危険なのかは、これからご説明していきますね。

 妊娠中の体を襲うさまざまな貧血の症状

妊娠中に貧血が起きると、妊婦の体へさまざまな症状が襲いかかります。

貧血の症状として有名なものにはめまい・立ちくらみ・動機・息切れなどがありますが、他にも

  • 体が疲れやすい
  • どれだけ寝てもすぐに眠くなる
  • 頭痛
  • 吐き気

このような症状の発症率が高くなります。

こうして体への影響を並べただけでも生活の大変さが伝わってくる貧血は、できることなら妊婦さんは避けたいものです。

 妊婦の貧血が酷くなると早産につながる

妊娠中の貧血が酷くなると、妊婦だけでなく赤ちゃんへも悪影響を与えてしまいます。

母体の血液が不足すると赤ちゃんへ栄養や酸素が届きづらくなり、それが原因で赤ちゃんが大きく育てないまま早産となってしまうことがあるのです。

自分が貧血になってしまったせいで予定よりも早く子供が産まれてしまったら、体へ異常がないかどうか心配になってしまいませんか?

きちんと赤ちゃんが大きく成長してから出産を迎えるためには、妊娠中の貧血を防がなければいけないということですね。

 妊婦が貧血を放っておくと出産や産後の母乳にまで影響をきたす

妊婦の貧血は出産や産後の母乳にまで影響をきたします。

症状が重い貧血をずっと放っておくと、出産をする時の出血量が多くなったり、産後の母乳が出づらくなったりしてしまうのです。

出産や産後の育児で困らないためにも、貧血はなるべく早めの段階から解決しておくようにしましょう。

 すぐにでも貧血を治したい妊婦さんへとっておきの対処法をご紹介!

これまでの流れで妊婦が貧血になってしまった時の危険性については知っていただけたと思います。

そこでここからは、妊婦さんが貧血を軽減するために行っておくべき対処法をご紹介していきますね。

 妊婦の貧血を予防するならまずは食生活の見直しから

妊婦の貧血を予防するためにまず大事なこと、それは食生活の見直しです。

どんな食事をするかによって、貧血の症状が軽減されるか悪化してしまうかが左右されてしまうからです。

ちなみに貧血の予防に最適な食品には、以下のようなものがありますよ。

鉄分 海藻類・小松菜
鉄分の吸収を助ける ブロッコリー(ビタミンC)
葉酸 レバー・キャベツ・パセリ・人参・トマト

バナナ・メロン

血液の生成をサポート レバー・肉・卵・牛乳(ビタミンB12)

ホウレンソウ・ピーナッツ・大豆・バナナ(ビタミンB6)

鉄分と葉酸以外にも、それぞれの成分を手助けするビタミンC・ビタミンB12・ビタミンB6を食品から摂取すると、貧血が軽減されやすくなります。

しかしコーヒーや緑茶といったタンニンを含む食品は逆に、鉄分の吸収率を下げてしまうので貧血を防ぎたい時には控えるようにしましょう。

 貧血の原因となる鉄分や葉酸をサプリから補って貧血を防止

「食品だけでは貧血の予防に必要な鉄分と葉酸の量を補いきれない!」

そう感じてしまっている妊婦さんは、サプリを使ってみるという手もあります。

サプリだと効率的に鉄分や葉酸を摂取することができ、貧血の防止につながりやすくなるのですごくおすすめですよ。

食事とサプリの両方で、妊娠中の貧血の悩みを解消してみてくださいね。

 まとめ

妊婦は貧血になりやすいだけでなく、体の血液不足が原因となってママと赤ちゃんが危険な状態に陥ってしまうことが分かりました。

このような結果を踏まえても、妊娠中の貧血には十分に注意していく必要がありそうですね。

あなたも貧血を予防して、ママと赤ちゃんがお互いに快適に暮らせる生活を目指していきましょう!